VTuberキャラデザの秘訣!個性を際立たせてライバルに差をつけろ!!

この記事を読むと分かること

・VTuberのキャラデザの重要性

・VTuberのキャラデザの決め方

この記事の筆者

ひつじ先生
元登録者20000人超えのVTuberのマネージャー、企画運営などに深く携わる。当ブログ執筆者

詳しいプロフィールはこちら

現在VTuberは企業・個人合わせて20000人を超えているといわれています。

その中で自身を際立たせ、ファンの目に留まるためには様々な努力をしたり、戦略を立てたりしていく必要があります。

中でもキャラデザが良いことは売れるための前提条件であり、最重要項目です。

それゆえに、多くのVTuberがこだわりをもってデザインを考えています。

今回は、キャラクターデザインが良いと言われるVTuberの条件から、実際にキャラデザをどのようにどこまで考えるのかといったところまで紹介します!

ひつじ先生

是非最後までごらんあれ!

目次

キャラクターデザインが良いと言われるVTuberの条件

「キャラデザが良いと言われるVTuber」の条件は次の2点です。

キャラデザが良いVTuberの条件

① 他のVTuberと見た目で差別化されているVTuber
② その上で登録者が多い先輩VTuberに負けないクオリティの2DモデルをもつVTuber

順に見ていきましょう。

① 他のVTuberと見た目で差別化されているVTuber

冒頭でも書きましたが、現在VTuberの数は20000人を超えていると言われています。

その中で認知してもらうためには、やはり他のVTuberと見た目を差別化することが必要です。

まなび

でも20000人もいたら多少被っちゃうんじゃない?

と思われている方!正解です!!

被ってしまうことはしょうがないのです。

そこで大事になるのがいくつかの要素を組み合わせることになります。

例えばまなびちゃんを例に挙げると・・・

まなび

・コンセプトは魔女見習い
・見習いなので幼い感じ
・帽子は基本シンプルな黒だが、装飾をつけることもある
・髪の毛の色は白でロング
・髪飾り等はつけていない
・目は青色
・歯は描かない
・オーソドックスな魔女衣装
・胸には赤色のリボン
・スタイルも控えめ
・ペットの羊を飼っており、配信時もいつも隣にいる(仮想の設定)

まなび

服装はもっと細かい設定がいくつもあります!

このようにいくつもの要素を組み合わせることで、自分だけのオリジナリティにあふれたキャラクターを作ることができます!

キャラデザは細かく決めれば決めるほど、差別化できるものになりますし、立ち絵を依頼するときに絵師さんも迷いにくくなるため、より理想に近い2Dモデルが出来上がるはずです。

② 登録者が多い先輩に負けないクオリティの2DモデルをもつVTuber

差別化を考えてキャラデザの原案を作っても、2Dモデルのできが悪いと台無しです。

よく人の第一印象は3秒で決まると言われます。中でも見た目は55%ほど影響するようです。

これはVTuberも同じことが言えますし、なんならVTuberの方が見た目が占める重要性の率は高いと思います。

例えば「VTuber ホラゲ ライブ配信」とYouTubeで検索したときに、ずらっと出てくるサムネを眺めて、同じような内容であれば、まず容姿のクオリティが高いVTuberの配信に流れる人が多そうですよね?

まなび

たしかに・・・

ひつじ先生

もちろんサムネや同接の差など他の要素も関係してくるところですけどね!

当然配信の内容が好みに合わないとすぐに離脱されてしまいますが、そもそも見てもらわないことには何も始まりません。

先輩の成功しているVTuberの多くはそこのところをしっかり押さえているため、後発組が適当な2Dモデルで勝負を挑んでも到底かないません。

ですから、せめて同じくらいのクオリティの立ち絵が描ける絵師に依頼して始めることが最低条件になります。

ひつじ先生

ここだけは本当に妥協しない方がいいです。納得できる絵師にしっかりとした額を払って描いてもらいましょう。

具体的には登録者20000人以上のVTuberの人と比べて、立ち絵のクオリティが劣らない絵師の方に依頼してみることをオススメします!

実際にキャラデザを考えよう!

「見た目の良いVTuberの条件」を知った上で、次はいよいよキャラデザを作っていきましょう!

まなび

待ってました!!

STEP1:自分が1番書きやすいメモ帳などを用意する

「え、そんなことですか?」と思われそうですが、今回に限らずVTuberとして活動していく中でメモ帳類はあらゆる場面で活躍します。

せっかくなので、自分に1番合っているメモ帳やアプリを見つけておくと良いと思います。

ひつじ先生

すでに自分が使いやすいメモ帳やアプリがあるよという方は、とばしちゃってください!

正直使いやすければ何でもいいのですが、もし今思いつくものがないのであれば「simple note」をオススメします!

これはひつじ先生が激推ししているアプリで、普段の仕事でも大変重宝しています。

なんといってもアプリを入れて同期させるだけで、スマホでもPCでも同じメモを簡単に呼び出せてしまうのが大きいです!

外出中に思いついたことをスマホにメモしておくと、あとからPCで開いて簡単に内容を確認したりコピペしたりすることができるため、作業効率が上がりますよ。

ダウンロードはこちらからどうぞ!!

まなび

ちなみに私は、最初手元にあったクロッキーに情報をまとめていきました!

STEP2:箇条書きでキャラデザをまとめよう

メモ帳が決まったら、どんどんキャラデザの詳細を決めていきましょう。

はじめは思いつきでたくさん書いてしまってもいいと思います。

どんなことを決めればいいか迷ってしまう方は最低限次のことを決めると良いと思います。

部位最低限決めるべき要素
長さ、色、髪飾り等の装飾品の有無
色、大きさ、形(つり目、たれ目など)、眼帯等装飾品の有無
歯の有無、八重歯やギザ歯、マスク等装飾品の有無
肌の色
体長、女性VTuberであれば胸の大きさなど
服装、靴、チョーカー・ブレスレットなどの装飾品
部位最低限決めるべき要素
ロング(癖あり)、色は白、ちょっとしたアホ毛、装飾品は無し
目の色は青色、釣り目垂れ目ではなく丸っぽい目、眼鏡等装飾品は無し
見える歯は無し(描かない)、口周りの装飾品もなし
色素は薄目
身長150cm弱、スタイルも控えめ
魔女の服に魔女の帽子、シンプルなデザイン、胸のところに赤いリボン

これらの要素をまとめてママになる人に相談すると良いです。

まなび

ママって誰のこと?

ひつじ先生

VTuberの立ち絵を描いてくれる人のことを、この界隈ではママと呼んでいます。

これらを決める際、自分の好みを押し出して考えることは悪いことではありませんが、ファンのことを考えるとある程度多くの人に好きになってもらえそうな見た目を意識することも大事なってきます。

ひつじ先生

すでに人気のあるVTuberや、アニメや漫画の人気キャラなどをリサーチして参考にするのも良いですよ!

VTuber準備段階の中でも最も重要なフェーズですので、時間を使ってじっくり考えましょう。

STEP3:第三者の視点を入れる

最後に可能であればですが、VTuber活動をしていくことを話せそうな友人や家族にチェックをしてもらうと良いです。

自分一人だけで考えた案には偏りがつきものですし、他者にチェックしてもらうと自分では気づかなかったアプローチやアイデアを提供してくれることがあるからです。

まなび

早速友達に相談しよう!

ひつじ先生

多くの人に見てもらいすぎると意見がたくさん出た時に困ってしまうので、2人くらいにしておくのがオススメですよ。

まとめ:オンリーワンのVTuberを目指そう!

今回の記事があなたのキャラデザづくりの参考になっていたら幸いです。

「2Dモデル」、「PCの購入」はVTuberを始めるにあたって必要な経費の中でも最もお金をかけるところなので、やりなおしが難しいところです。

何度も言いますが多少時間をかけてでも、納得のいくキャラデザの原案を作り、納得できる絵師さんに依頼をしてください。

絵師さんの探し方は、また別の記事で書けたらと思います。

ひつじ先生

それでは、よいVTuberライフを!!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次