【必見】Youtubeライブ配信で同接を上げる工夫5選

この記事を読むと分かること

・同接についての考え方がわかる
・同接を伸ばす方法がわかる

この記事の筆者

ひつじ先生
元登録者20000人超えのVTuberのマネージャー、企画運営などに深く携わる。当ブログ執筆者

詳しいプロフィールはこちら

VTuberとして活動していく中でチャンネル登録者、同接、再生数の3つは目に見える数字であり、常に気になりますよね。

それゆえに思ったように数字が伸びず、困っている人もいるのではないでしょうか。

今回は、ひつじ先生がマネージャーをする中で考えた特に意識してほしい5つの工夫を紹介します。

この5つを意識して継続できれば、特に始めたばかりの方は同接を上げることができるはずです

ひつじ先生

中でも最大同接100人以下の方には効果が期待できるはずです。

まなび

よろしくお願いします!

目次

前提条件と同接の考え方について

同接を上げるための工夫を話す前に、そもそもの前提条件と同接というものの考え方について少しお話しします。

大切な項目ですので、一読推奨です。

同接を上げるための前提条件

まず前提条件についてです。同接を上げるためにはVTuberで伸びるための前提条件がクリアされている必要があります。

それが以下の三つです。

同接を上げるための前提条件

① 見た目が良い
② 配信環境が安定している
③ 継続力がある

この3つのうち1つでも欠けていると確実に伸びにくくなります。

この3つの条件については、以下の記事でしっかり説明しているので、ご一読ください。

同接の考え方

次に同接についての考え方です。

配信を見にきてくれる人は、ほとんど次の3つに分かれます。

配信を見に来てくれる人3パターン

① どんな配信でもあなたの配信が見たい人(自身のファン)
② コンテンツによって見に来てくれる視聴者
③ その他

詳しく説明していきます。

① 自身のファン

どんな配信でも、自分の都合が会う時には見に来てくれる、あなた自身のファンの人たちです。

ひつじ先生

とてもありがたく頼もしい存在です。

当たり前ですがここの層が多ければ多いほど、配信の同接は安定します。

② コンテンツによって見に来てくれる視聴者

「あなたがしている雑談配信が見たい」、「あなたがしている歌配信」が見たいなど、全てを見に来るわけでは無いですが、コンテンツによって見に来てくれる人たちです。

実際にはもっと細かく、「この人のモンハン配信が見たい」、「この人の実写ASMR配信が見たい」といった特定の配信だけ見たいという視聴者の方は沢山います。
同じ種類の配信でも、ゲームタイトルや企画によって大きな同接の差が生まれるのは、これが原因でもあります。

③ その他

その他に属するのは次のような人たちです。

・誰でもいいからそのコンテンツの配信を見たくて検索した。
・Youtubeのおすすめに出てきた。
・Twitterで回ってきたからなんとなく見た。
など

その中で最も多く見にきてくれる人は「Youtubeのおすすめに出てきた人」だと思います。

Youtubeのシステムは上手にできており、自分が興味がありそうな動画や配信をおすすめに上げてくれます。

例えばその人がVTuberの朝活配信を沢山見ている人であれば、他のVTuberの朝活配信がおすすめに出やすくなるはずです。

また、前に自分の配信を見に来てくれた人にも再びおすすめされる率が高くなります。

ひつじ先生

それを踏まえて、私がマネージャーをしていたVTuberの駆け出しのころの2つの配信を比較してみます。

① どんな配信でもあなたの配信が見たい人(自身のファン)
② コンテンツによって見に来てくれる視聴者
③ その他(おすすめなどから来てくれた人)

左がメインコンテンツとして週5or6くらいで配信していたもののグラフ、

右が同じ時期に突発的に行った、他のコンテンツの配信のグラフになります。

推測も入りますが、だいたいこの頃の傾向を見ると上のグラフのように①が25人くらいでした。

また、メインコンテンツは、継続することで徐々に同接が増えていたので②が50人くらいかと思います。

このことから同じ人の配信でも内容によって、同接の数は変わることが分かります。

まなび

特にメインコンテンツが育ってくると、大きな差を生むと思いますよ。

上でも触れましたが、①の数は同接の安定性に、②はそのコンテンツにおいて大きく同接を伸ばすことにつながります。

よって、③の層をいかに②の層にできるか。②の層をいかに①の層にできるかが、様々な配信で同接を増やしていく鍵になります。

ひつじ先生

実際には、配信時間や裏で競合がどれくらい配信しているかなど、様々な要因が絡まり合って同接は変わります。

配信の同接を上げるために必要なこと5選

前提条件と同接の考え方がわかったところで、実際に同接を上げるための工夫を紹介します。

① サムネには手間をかける

サムネはその配信の顔です。

タイトルよりも目立つものであり、サムネの良し悪しでクリックされるかされないかが決まると言っても過言ではありません。

まなび

せっかくオススメに出ても全くクリックされなかったら意味がないよね。

サムネを作る時に意識するのは3つです。

・誰が配信するかわかる
・内容がわかる
・インパクトがある

どの配信のサムネも必ずこの3つをクリアするようにすると、それだけで適当に作ったサムネとは大きな差が出るはずです。

かといっていきなりサムネを上手に作るのは難しいですし、デザインに自信がない人も多いと思います。

そんな人はまず他の人のサムネの構成や字体などを参考にすると良いでしょう。

Youtubeで探すのも良いですし、おしゃれなサムネをまとめてくださっているサイトもあります。

ひつじ先生

魅力的なサムネを作るのは時間がかかりますが、慣れてくるとスピードもアップしていきます。

まなび

良いサムネは少しいじって使いまわしもありだね!

② 視聴者が見たい内容の配信をする

魚がいないところに釣竿を垂らしてもしょうがないのと一緒で、視聴者にニーズが無い配信をしても人は来ません。

つまり、これを意識できていないと上の章で挙げた②、③の層の視聴者が来ない配信になり、同接の多い配信は望めません。

だいたい見られる配信は決まっています。

・歌
・雑談
・ゲーム
・ASMR
・同時視聴

もちろん、ゲームならどのゲームをやるか。同時視聴ならどの番組の同時視聴をやるかも凄く大事なポイントです。

ひつじ先生

視聴者にニーズがある配信であっても配信数が多すぎるカテゴリーに手を出すのはおすすめしません。

まなび

例えばFPSは視聴者も多いのですが、その分配信数も多いため凄く上手い人でも同接を取るのは大変です。

また、最初は登録者数千人台で同接がしっかり取れている人の配信内容を参考にするのがおすすめです。

登録者が多い人の配信は、上の章で述べた①の層が多い傾向にあるため、あまり参考になりません。

まなび

大手企業の人たちは、どんな配信をしても人を呼んでいるしね!!

③ プラスアルファの要素を加える

雑談、歌、人気のあるゲームなど視聴者が見たい配信をしているゲームに手を出す際、その配信をしている他の人との視聴者の奪い合いが発生しています。

そこで他の配信者の方と差別化することがとても大切になってきます。

まなび

よくあるのが耐久配信ですね。

ひつじ先生

別に難しいことでなくてもいいと思いますし、他の人のしていたことを参考にするのも良いと思います。

④ 話術を磨く

配信者にとって大切なスキルのうちの一つです。

ただ初めから上手に話せる人などほとんどいません。

まなび

配信を重ねる中で少しずつ話せるようになっていくよ。

ただ、話すことが苦手な方も、次の二つだけは意識してほしいと思います。

無言の時間を極力減らす

テンポが悪い配信は居心地が悪く、ブラウザバックされる原因になります。

調べて見たところラジオでは5秒無音が続くと放送事故と言われるそうです(諸説あります)。

なので、配信でも5秒以上無言が続かないように注意すると良いでしょう。

コメントはなるべく読む

コメントが少ないうちは全てのコメントを読むつもりくらいでコメント返しをすると良いです。

コメントする人にとってコメント返しが来ることは気分が良く、「もう少しこの配信を見たいよう」「またコメントしよう」「次も見にこよう」と思ってもらえる一因になります。

⑤ 時間・時刻を意識する

時間・時刻については2つ気をつけてほしいことがあります。

配信開始の時刻を毎回同じにする

開始時刻を固定することで「この時間はこの人の配信を見る時間」というように、視聴者の生活ルーティンに入っていくことができます。

これは今は忙しく不定期になってきていますが、初期はヒカキンさんのような大物youtuberもとっていた手法であり、多くのYoutuber、VTuberが行っています。

二つ目は配信時間の工夫です。

自分の配信の時間帯に、他の人がたくさん同じカテゴリーの配信をしていると、その分視聴者の取り合いになります。

当然夜の19時から23時くらいまでは大手の企業をはじめとした強いVTuberと被る率が高くなります。

よって、同じカテゴリーの配信をしているVTuberが何曜日のどの時間帯に配信しているかを調べて、そこを避けて配信するのも大切です。

意外に深夜や平日の朝の時間帯などでも人は来るものなので、初めは少し変わった時間帯で配信して見ても良いかもしれません。

ひつじ先生

いろいろな時間帯で試してみて、一番人がきそうな時間帯を見極めるのもオススメです。

まとめ

今回は同接をテーマにお話してきました。

まなび

おさらいしていきましょう!

同接を上げるための前提条件は3つです。

同接を上げるための前提条件

① 見た目が良い
② 配信環境が安定している
③ 継続力がある

必ず全てクリアしましょう。

同接を考える上で大事なのは、だれが見に来てくれるものなのかを考えることです。

配信を見に来てくれる人3パターン

① どんな配信でもあなたの配信が見たい人(自身のファン)
② コンテンツによって見に来てくれる視聴者
③ その他(おすすめなどから来てくれた人)

①が増えると同接は安定してきます。

③の層をいかに②の層にできるか。②の層をいかに①の層にできるかが、様々な配信で同接を増やしていく鍵でしたね。

配信の同接を上げるために必要なことは5つありました。

① サムネには手間をかける
② 視聴者が見たい内容の配信をする
③ プラスアルファの要素を加える
④ 話術を磨く
⑤ 時間・時刻を意識する

どれも視聴者側の立場で考えると納得できますよね!

ひつじ先生

このブログでは、今後も私たちが経験してきたことを基に情報を発信していきますので、まだの方はお気に入り登録もよろしくお願いします。

まなび

X(Twitter)の方もよろしくお願いします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次